アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「旧暦・陰暦」のブログ記事

みんなの「旧暦・陰暦」ブログ

タイトル 日 時
月と道連れ さよなら ブルートレイン
月と道連れ    さよなら ブルートレイン 今夜は -新月- 。 旧暦の新年の始まりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/26 20:14
東京の縁側で“お月見”
東京の縁側で“お月見” 当方では、夕方5時半頃から、明るさが残る東の灰色の空に、“中秋の名月”が昇って来ました。陰暦八月十五日のお月さんですから、まんまるのはずですが、左下が少し欠けています。月齢からすると、正確には、明後日の月が“満月”になるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2007/09/25 20:45
残念、見逃しちゃった!
残念、見逃しちゃった! 8月のモーレツな暑さにマイって、拙ブログも全く更新できないでいるうちに、9月になってしまい、その間に、拙ブログで取り上げるような出来事がいくつかあったのに、観ることができませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/11 22:45
小惑星は “小学生”
小惑星は “小学生” 先月末から、すっかり梅雨の空模様で、しばらく月を見ることができずにいて、陰暦六月「水無月」に入ってからの方が梅雨らしい気候が続いていました。例年なら、梅雨が明けて日照りが続くようになり、水不足が心配な時期になるわけで、「水無月」の語源もそのあたりから来ているのだと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/25 20:27
夜更かしをして、夜深し -Niagara Moon-
夜更かしをして、夜深し -Niagara Moon- 一ヶ月の真ん中、15日が新月になる今月は、陰暦とは一ヶ月半のズレがあることになりますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/15 19:34
宇宙人が居るかも・・・地球そっくりの星発見
宇宙人が居るかも・・・地球そっくりの星発見 EU10ヵ国とスイスが共同で運営する天文観測施設であるヨーロッパ南天天文台(European Southern Observatory : ESO )が先ごろ発表した話題。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/05/17 20:22
夏は来(こ)ぬ・・・
夏は来(こ)ぬ・・・ 先週末は、気温が20℃を超えたのに、陰暦の弥生三月になった今日は、“春雨”とは言えないような、寒い雨の一日でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/17 20:11
13日の金曜日の二十六夜
13日の金曜日の二十六夜 英語圏の多くとドイツ、フランスなどで不吉な日であると信じられている「13日の金曜日」は、現行のグレゴリオ暦では、1年に一回はある様で、“13日”が金曜日になる確立は、他の曜日よりも高いのだそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/04/13 21:04
雪解星
雪解星 この冬は2月と3月が入れ替わってしまった感じで、“春”がフライング・スタートしたのをやり直しさせられたように、3月の方が寒かったのですが、彼岸の中日を過ぎて平年並みに戻ったみたいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/22 21:04
月輪 “お〜きな輪”
月輪 “お〜きな輪” 今日という日は、かつてアメリカ合衆国の大統領就任式の日(現在は1月20日)でもあったようで、日本でも卒業式などあり、春を感じられる頃に、新たなステージを迎えるセレモニーにふさわしいのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/04 19:40
謹賀新年??
謹賀新年?? あけまして、おめでとうございます。 本日は、旧暦の一月一日、睦月の新月の日、朔日。 旧正月といわれ、中国では、春節ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/18 23:27
冬至 と クリスマス
冬至 と クリスマス 昨日から、陰暦の十一月“霜月”になり、月相は“朔”。明日は“冬至”で、南回帰線上を垂直に照らす太陽も、北半球では一年で最も仰角が低くなり弱々しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/21 19:58
月も未練の十三夜
月も未練の十三夜 今日の月の出は14時45分とのことで、たしかに4時半ごろには、東の山の上の青い空に、これから沈もうとする太陽の光を美しく反射する、左下が少しかけた月が浮かんでいました。冬の夕方の少しくすんだ青空に光る月の姿も、あらためて美しいと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/04 17:15
神様大集合
神様大集合 今日、カレンダーをめくり捨てて、とうとう最後の一枚になってしました。今年も最終月を迎えることになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/30 20:26
もう一つの“月見” 陰暦九月の十三夜
もう一つの“月見”  陰暦九月の十三夜 “絢香”の「三日月」がヒットしてます。デヴューする前から注目されていましたが、曲がオン・エアーされて聴くまでは、もっと精細な感じを想像していたのですが、声量のある力強いバラードになってますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/04 19:57
十六夜満月 銀の月
十六夜満月 銀の月 “中秋の名月”の陰暦葉月の十五夜は、強風と大雨に見舞われてしまいましたが、天文学上の満月は10月7日になり、昨晩の月は、それはそれは美しい月でしたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/08 19:26
中秋の“雨降りお月さん”
中秋の“雨降りお月さん” 陰暦八月(葉月)十五日ですから、今夜は十五夜、“中秋の名月”です。 今年は閏七月が有ったため、遅い時期となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/06 21:05
彼方の岸辺に咲く華
彼方の岸辺に咲く華 秋の彼岸に入り、陰暦“閏月”が終わり、今日から陰暦八月「葉月」になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/09/22 19:49
月々に月見る月は多けれど、月見る月はこの月の月
月々に月見る月は多けれど、月見る月はこの月の月 “草露白し” 旧暦八月節気の「白露」 秋気も加わり,野草に白露が宿る・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/08 19:12
“September”9月だけど「Sept=7」
9月に入ったとたん“September Rain”、気温も低く、「富士山頂は雪かもしれない」とFM放送の天気予報。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/01 20:41
清方の残月、抱一の銘月、
清方の残月、抱一の銘月、 観光客で賑わう小町通りをスッと曲がって、いかにも鎌倉らしい閑静な住宅街にある、鎌倉市鏑木清方記念美術館。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/24 19:32
旧暦の“星祭り”
今日は、旧暦七月七日で、五節句の一つ、七夕。 三月三日、五月五日、と並んで、今でもポピュラーな節日(農耕などの大きな節目の日)ですね。 ところが、織女星の織姫と牽牛(けんぎゅう)星の彦星が1年に1度だけ、天の川で会うことができるという、中国の伝説に由来する、そんなロマンチックな七夕を、現行暦で行うということは、無理が生じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/07/31 19:31
月のウサギは甘い?
月のウサギは甘い? また、ウサギの話しなんですが‥・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/07/25 20:23
五月病、五月雨、五月晴、五月蝿、
五月病、五月雨、五月晴、五月蝿、 五月病で、しばらく更新できずにいたら、梅雨のシーズンになってしまいました。 五月病といっても、忙し病ですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/08 20:28
月待ちの宵
月待ちの宵 一昨日の20日の午前中は、晴れ・雨・風のフルセットで、穀物に恵みの春雨が降るとされる二十四節気の「穀雨」だけど、アウトドア・ビジネスにはちょっと困りました。夕方は東京まで用事があって出掛けたのですが、帰りの湘南新宿ライン、東海道線、さらに相鉄線も人身事故でダイヤが乱れていて、当てにしていた通勤快速は運休。品川で、満員の電車に無理やり乗り込んだら、身体を支えるために挙げた右手を、ぎゅうぎゅうのために下ろすことができず、川崎まで“ハイル、ヒトラー”状態でマイったです。 とっても、めまぐるしい一日で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/22 20:12
菜の花や 月は東に 日は西に
菜の花や 月は東に 日は西に 蕪村のこの句の通り、上弦から望月へ向かう期間は、太陽・地球・月の角度が90°〜180°になって、太陽が西の空にある時に、同時に月を東の空に見ることができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/15 16:56
Poisson d'Avril (仏語で四月馬鹿)
Poisson d'Avril (仏語で四月馬鹿) 3月31日は旧暦の3月3日。桃や桜の花が咲く時期の節句(五節句のひとつ)です。その次の日は、現行暦の4月1日。この日をもって、色々な年度が始まるし、日本の学校も四月始まりですね(欧米の学校では9月始まり)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/01 21:19
花信
花信 花が咲いたという知らせを花信というそうです。近くの松田町の松田山では、早咲きの河津桜が有名なようなのですが、まだ行ったことがありません。2月4日(土)〜3月21日(火)まで、桜祭りが行われていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/28 19:25
かざはな
暖かい日が2・3日続いて、もう春だぁ〜なんて思ってたら、また急に寒い日に逆戻りしたり。 日曜日は春の陽気だったのに、月曜の朝、神奈川では、曇天とはいえない空模様なのに雪がちらつきました。けっこう大きなSnowflakesでした。三寒四温・・・春は目前なのでしょうけど、なんだかもどかしい気分になりますね。 そんな冬から春へと向かうこの時期、晴れた空の下をひらひらと風に乗って舞い落ちる雪のことを「風花」と言うそうです。「探梅」と同様に春の訪れを心待ちにする気持ちが籠められた美しい響きの言葉ですね... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/13 18:32
花の名も 神の名もみな 人が付け
こんな川柳が新聞に載っていました。 そうですよね。花は、種の存続のために、一所懸命 自然界を生き抜いているのを、人間は勝手に名を付けて、綺麗だの、花言葉だの言ってますし、神のことだって、一神教と多神教では「神」の定義が違っているはずです。 日本人の多くは、エホバ(ヤハウェ)とイエスを混同してますし、密教では、大日如来のような一神教の神に似ている仏がいます。神仏習合は、仏は神の化身だみたいな言い方をします。 人間って、人間の都合で(宗教家の都合?科学者の都合?)、勝手に“自然の摂理”を理解し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/11 16:53
ユー・レイズ・ミー・アップ
トリノ五輪の荒川静香の金メダルは本当に素晴らしい Exhibitionの演技の時、BGMで流れていた「ユー・レイズ・ミー・アップ(You raise me up)」。これはアイルランドのヴォーカルグループ、フィドルを含む女性五人編成の“ケルティック・ウーマン”の曲です。 アイルランド民謡のメロディで歌われる「ダニー・ボーイ」に似たメロディなのですが、この曲を収録したCDでは、その「ダニー・ボーイ」も歌われています。また“The Snowman”の「Walking in the air」(以前... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/03/05 16:19
梅の節句
3月3日で、耳の日。語呂合わせですが、もう一つ、結納の日。これも三々九度から来てるらしい。とは言え、やっぱり、「ひな祭り・桃の節句」でしょうね。まだ桃の花には早すぎる季節ですが、旧暦3月3日は、今年の新暦では、3月31日。この頃は、桜とともに桃の花も咲きほころぶ季節なので、旧暦だったら納得できますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/03/03 17:28
如月(きさらぎ)は、木更木?
月は今、地球と太陽の間に入っていて、地球から見たら、月と太陽が同じ方向に並んでいます。月の裏側が太陽に照らされていて、地球に向いてる面は陰になっています。空に浮かんでいるはずですが、見えない状態です。「闇夜」とは、照らす灯かりが無い、真っ暗な夜のことですが、もともとは、この新月の夜のことを言ったのではないかと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/28 20:53
南南東(な、な、なんとぉ) 恵方巻きが・・
昨晩、近くのコンビニに行ったら、南南東(な、な、なんとぉ)-しゃれです- 恵方巻きがズラーっとならんでました。そう、節分だからですねぇ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/04 13:00
探梅
ワタクシの住む地から電車でひと駅のところに有名な梅林があります。梅園ではなく、梅林。つまり、観賞用ではなく、梅の実を出荷するための畑なのですが、その数、3万5千本。花咲く頃、近くの小高い山から眺めれば、梅花の枝と枝の間に、天下の剣 箱根山、その向こうに、日本一の富士山。海の彼方には伊豆大島。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/02 19:39

トップへ | みんなの「旧暦・陰暦」ブログ

月を待ちわびて・・ -カツノブログ- 旧暦・陰暦のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる