月を待ちわびて・・ -カツノブログ-

アクセスカウンタ

zoom RSS 今月今夜の月を・・・

<<   作成日時 : 2007/01/17 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

♪熱海の海岸 散歩する 貫一 お宮 の二人連れ ・・・・・♪♪♪

尾崎紅葉の小説『金色夜叉』の中で、主人公の貫一が自分を裏切って大金持ちのところへ嫁いでしまう恋人のお宮に
「いいか、宮さん、一月の十七日だ。来年の今月今夜になったらば、僕の涙で必ず月は曇らせて見せる」からと言ったことから、今夜の月は霞んでしまうのでしょうか?

小説は読んでいませんが、昭和のテレビでは よくコントで、月を見上げ、学帽、外套、下駄のいでたちの貫一役に、着物姿のお宮役がすがりついているシーンを見ました。

さて、今日は 雨が降ったり止んだりして、夜中も月は雨雲の向こう側でしょう。やはり貫一の涙のせいなのでしょう。100年前の小説ですが、貫一の恨みは余程深いみたいです。
が、今年の1月17日の月齢は二十九夜ですから、新月直前で、月相も細く、月の出も深夜から未明になり、確認するにはちょっと大変かなぁ・・・
画像


女性の皆さん、玉の輿に乗るのも良いでしょう(1月20日は「玉の輿の日」だそうです)が、年末年始のニュースによると、お金持ちのご家庭には憎しみが渦巻いているところがあるんですね。“お金”が狂気を増幅しているということはないでしょうか?

悲しいけど、人間って煩悩の塊で、マイナスからゼロにしようとする欲は、消耗してしまったり、空回りすることもありますが、上昇のモチベイションにもなります。しかし、プラスからプラスへ向かう欲は、時として際限が無くなることがありますね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今月今夜の月を・・・ 月を待ちわびて・・ -カツノブログ-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる