月を待ちわびて・・ -カツノブログ-

アクセスカウンタ

zoom RSS 彼方の岸辺に咲く華

<<   作成日時 : 2006/09/22 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

秋の彼岸に入り、陰暦“閏月”が終わり、今日から陰暦八月「葉月」になります。

「暑さ、寒さも彼岸まで」
田圃のあぜ道や通学路の路肩に咲く“彼岸花”。
子供の頃から、この花を見つけた時にはいつも、なんとなく不思議な気持ちになるのです。
画像

まず、その容姿。
「曼珠沙華」の名の字面通りの、この世のものとは思えない、異界に咲く花のイメージ。“華”という字は、この花を元にした象形文字ではないのか?と思ってしまいます。
まさに、彼方の浄土の岸に咲くに相応しい。
画像

そして、その花と、茎だけあって葉が無いのです。その形が異様さを増幅してるのでしょうか?
この花の葉は、花が咲き終わってから出てくるので、花と葉を同時に見ることが出来ません。それで韓国では「相思華」と呼ばれているそうです。
「花は葉を思い、葉は花を思う」
ロマンティックだけど、結局 逢えないんですよね、悲しい・・・

画像

高校の生物の先生、確か 田渕先生が言ってました。
「助平なヤツは、チューリップだ」
「花(鼻)の下が長い・・・・」

それから、開花時期。
“彼岸花”と言われる通り、必ずこの時期に咲きますね。それも 「あっ咲いてる」というふうに、いつの間にか咲いてる感じなんですよ。
動植物の、季節の変化を察知する能力には感心します。自然界に生きるものとして当然の感覚なんでしょうが、人間はだいぶ退化してしまっているということなのでしょうか。

成人する頃前後して、相次ぎ肉親を亡くし、“彼岸”という仏教行事を意識するようになり、それと共に、この花にも、なんとなく関心が向かいます。
“ 花言葉:悲しい思い出 ”

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
水元散歩
5時10分起床〜♪ 腰を痛めて以来はじめて水元公園に散歩に行きました。 腰痛には ...続きを見る
忘れないように
2006/09/29 22:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
彼岸花の話題をトラックバックしようとして間違えてけやきの木の話題をトラックバックしてしまいました。^^;;
すみません。
けやきの方は削除してください。
Cyako
2006/09/29 22:57
私も彼岸花が咲いていると気になってついつい寄っていってしまいます。
葉っぱが無くて花が咲くまで全然気が付かない。
でもお彼岸の時期には必ず咲いている。
蕾の時期を見た記憶がないので、すごく不思議な花です。
Cyako
2006/09/29 23:00
了解・・トラックバックを削除しますね。
でも、とっても不思議な出来事ですね、節木(ふしぎ)です。
硬くてゴツい欅の木と儚いオルゴールのジングルベルのミスマッチが面白い。
Dr.Katznov
2006/10/06 19:25
こんばんは。
トラックバック、有り難うございました。

Dr.Katznovさんにとって曼珠沙華は特別な華なのですね。

明日、彼岸花の写真を撮りに出かけようと思っています。群植しているそうなのですが、あまりにも多く咲いていると、趣がまた違ってくるのでしょうね。
プーミー
2007/09/17 22:41
プーミーさん、コメントありがとうございます。

いつも素敵な写真を掲載されているので、パッとしない写真の、この記事をトラックバックするのを、躊躇してしまいました。

Dr.Katznov
2007/09/18 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
彼方の岸辺に咲く華 月を待ちわびて・・ -カツノブログ-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる