月を待ちわびて・・ -カツノブログ-

アクセスカウンタ

zoom RSS 土星のイヤリング 金星のペンダント

<<   作成日時 : 2007/06/20 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

一昨日(18日)の宵の西の空では、再び 月と金星のランデヴーが観られるはずで楽しみにしていたのですが、生憎の曇り空で、ほんのうっすらと宵の明星と三日月が並んで見えたのですが、携帯電話のカメラではとらえることが出来ませんでした。

しかし昨晩は、空梅雨の夕空に、月と土星(明るさ=1等星)、金星(明るさ=マイナス4等星)、が並んで輝く天体ショーを観ることができました。土星が月の裏側から出てきて、月にさがるイヤリングの様でしたが、月の輝きのが強くて写真には写せません。

画像


さて、数日前、西新宿のリビングデザインセンターOZONEでは、「新月の木でつくる家づくり」のブース展示に合わせた企画で、「月と暮らし トーク」と題したセミナーが行われました。

画像


最初に、「月と太陽の暦制作室」代表の志賀勝氏による講演があり、概ね、こちらの拙ブログで書かれていることをお話されていて、個人的には物足りなかったのですが、初めてこういった話に触れた方には興味が湧く話だったのではないかと思います。ただ、プロジェクター等を使って、太陽・月・地球の位置関係が図解で説明されれば、理解しやすかったのではないでしょうか?

もちろん、季節感や農事に対する“時間の捉え方”をないがしろにして導入された新暦が、現代人の意識の“自然と関わり”を希薄にさせてしまっていることや、太陽暦が持つ効率性ではなく、陰暦の“循環”とか“螺旋”といった、“時間”というものの考え方が、ひいては、人との繋がりに通じると訴えておられていたのには、同感します。

月を観て、“与えられた恵み”を感じ、それを広めていきたい・・・とおっしゃっていたのが印象的でした。

続いて登壇された「建築プロデュース研究所」代表の方の講演は、プロジェクターを使っての説明だったのですが、PowerPoint が使いこなせてなく、受け売りの話が多くて、内容の乏しいと感じせざるを得ないものでした。NPO新月の木国際協会の会員や、現場で品質の良し悪しを実感している人の話を聴かせてほしいものです。

ティーブレイクは「満月の茶」と「新月の茶」の飲み比べというありがちな企画でお茶を濁し(失礼!シャレです)、最後は、前出の両者による対談で、「月と建築」と題して、月の要素が数々取り入られ、ブルーノ・タウトによって評価された桂離宮の話しなどが聴けるとのことでしたが、次に行く予定があり、残念ながら退席。
リビングデザインセンターOZONEでは、自然のリズムにそった暮らしや住まいづくりを考える「 月的生活デザインの会」を発足させたとのことですので、ちょっと面白そうです。

次の目的地は 自由が丘。知り合いの陶芸家の個展が行われていて、ヴィブラフォンと民族楽器という組み合わせのライヴが行われるとのことで、久し振りに降り立った自由が丘の駅の南口のすぐそば、「Coffee & Gallery るなん」という店。この店名「るなん」って、「LUNA(月)」と関係あるのかなぁ・・・由来は聞きそびれてしまいました。

画像

画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
栃ナビ!夜空を見上げることを提案!
栃木が好きだから、とっておきの栃ナビ! 2007年8月28日は、皆既月食が見られる! その前には、流星群が見られるとのこと。 久しぶりにプラネタリウムにいってみるのもいいですね。 オススメは栃木県日光市の戦場ヶ原です。 周辺は人も少なく、人家の明かりもかなり少ない良い場所です。 戦場ヶ原方面で流星群... ...続きを見る
栃ナビ@とっておき!もうひとつの栃ナビ
2007/08/19 06:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土星のイヤリング 金星のペンダント 月を待ちわびて・・ -カツノブログ-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる