月を待ちわびて・・ -カツノブログ-

アクセスカウンタ

zoom RSS 月光仮面のおじさんは作詞家で・・

<<   作成日時 : 2007/02/24 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

陰暦の年が明けて一週間。睦月の七日。今夜の月相は“上弦”。

汐留のShiodmeitalia クリエイティブ・センターへ向かう途中、新橋駅から日本テレビ社屋の脇を抜ける時に、上弦の月がビルの谷間、殆ど真上に浮かんでました。
画像

夕陽が沈む夕刻、地球から見て太陽と月が90度の角度になっているので、真上に見えますね。“上弦”から“望”に向かう頃は、太陽・地球・月が90°から180°になるので、「月は東に、日は西に」というようになります。

さて今日は、月光仮面登場の日だそうで・・・
1958年(昭和33年)にラジオ東京(現在のTBS)で国産初の子供向けテレビ映画「月光仮面」の放送が始まったとのこと。

主演は、“隠密剣士”の大瀬康一。原作は川内康範です。
川内氏は、作詞家としては、松尾和子の「誰よりも君を愛す」や青江三奈の「伊勢佐木町ブルース」などのヒットがあります。そして、森進一の「おふくろさん」も・・・

そう、今 芸能スキャンダルになっている歌詞の改変問題で名前が挙がっている、あの川内氏です。
あいかわらず、芸能ゴシップは「なんだかなぁ・・??」って感じです。

主題歌「月光仮面は誰でしょう」は、ワタクシの世代にはお馴染みですが、かつての“モップス”がブルース・ロック調でカバーした「月光仮面」もヒットしました。
モップスのカバ−曲といえば、吉田拓郎の「たどりついたらいつも雨降り」が、カッコいい!

子供向けのTV番組では、「忍者部隊 月光」をよく観てましたね。
当時ブームだった、「伊賀の影丸」や「忍者武芸帳」などの“忍者物”と、テレビの人気シリーズだった「コンバット」を合わせたような内容でした。

形を変え、雲の陰に身を隠す “月”は、夜にうごめき、変幻自在の忍者には、ふさわしい存在なのでしょうね。

モップス 2001 Millennium+1 BEST

月光仮面 マンモス・コング篇 Disc1
忍者部隊 月光 DVD-BOX~BEST OF ALL EPISODES~
モップス 2001 Millennium+1 BEST

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月光仮面のおじさんは作詞家で・・ 月を待ちわびて・・ -カツノブログ-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる